太陽光発電の設置やアスベストの除去|業者依頼で快適空間セレクト

作業員

綺麗な状態にする

舗装工事とはどういったものなのか

一軒家

舗装工事はただ単にアスファルトを施工されているだけと思いがちですがそうではありません。道路を作るには締め固まった路盤が必要になります。これは良い道路を作るうえでとても重要なものとなってくるのです。そうすることでしっかりと安定した道路にすることができます。もし、その土台作りを手を抜いておこなってしまったりということになると耐久期間も短くなり、粗悪な道路となってしまいます。舗装工事で使う重機はアスファルトフィニッシャーやロードローラー、ホイールローダー、ブルドーザー、モーターグレーダー等いろいろなものを使用しています。道路を作る手順はまず初めに残土鋤き取りを行い、残土運び出し、路盤工、ブロック土留め、アスファルト塗装の手轢き、ローラー転圧となっています。

現在はどういった重機が使われているのか

舗装工事は道路工事等のことを言い、道路を作るためには土工事、トンネル工事、コンクリート構造物工事、排水工事等、いろいろな工種が関わってくるのです。現在は舗装工事を行ううえで重機はとても重要なものとなっています。様々な重機が出てきたことで舗装工事は簡単になり、行う期間も短くなりました。ロードローラーという重機は自走式建設機械で土砂等を転圧してくれます。アスファルト舗装の砕石の転圧と表層の仕上げにも使われているものです。ホイールローダーは車輪で走行し、土砂等をダンプカーに積み込む時に使われる建設機械となっています。モーターグレーダーは自走式の産業用車両で初めはトラクターで牽引される器具でした。しかしモーターを搭載した自走式となりこう呼ばれるようになりました。重機は他にもあり、舗装工事には必要不可欠となっています。